Clicky

ルカの福音書

ルカの福音書

 - イエスの生涯
クスコ゚ーフテヨ: 救い主であり王である >> ルカの福音書

ルカの福音書:聖書による歴史
ルカの福音書はホーリーバイブル (Holy Bible)の四つの福音書の中の一つで新約聖書に提示されています。この福音書の著者ルカは、使徒パウロと関わりがあり、使徒の働きの著者でもあります。使徒の働きは聖書の四つの福音書の直ぐ後に続きます。ルカは医者であり彼の文章の告ャから高い教育を受けていたことが理解できます。ルカの福音書はテオピロという人に宛てて書かれたもので、イエス・キリストの降誕と伝道と彼の庶嚔ヒ刑復活までの生涯に焦点を置いてかかれた完全な歴史です。またキリストの救いの教えと彼によってメシア到来に関しての旧約聖書の洛セが成就したことに焦点を置いています。ルカの福音書には、赤子イエスの麗しい物語と、聖霊による奇蹟的な受胎も含まれています。殆んどの神学者たちは、ルカの福音書が書かれた時期は紀元59年から70年の間だと言っています。著者であるルカはコロサイ人への手紙4:14で使徒パウロによって紹介されています。

ルカの福音書:その概要と告ャ
ルカの福音書はイエス・キリストの伝道と奇跡の人生を8つに区分して纏められています。この福音書はその時期の出来事と歴史について仔細な説明が満載されています。また政治文化とイエスの地球上での人生に関わった人々とその家族についても注意深く詳細に説明されています。始めのセクションでは、著者が福音書の目的の説明紹介をしています。第二区分は1章5節から始まり、イエス・キリストとバプテスマのヨハネの到来に関してその周囲の出来事が説明されています。イエスの誕生と彼の子供時代の出来事も含まれて説明され、注意を引くイエスの最初の言葉は2章49節でしょう。第三区分ではイエスのバプテスマを含め彼の公の伝道と(ルカ3:21,22)そして彼の対面する誘惑です(ルカ4:1−13)。次に続く4つの章は、ルカの福音書の第4区分を告ャし、キリストのミニストリー、12弟子の選択(ルカ6:12−16)と奇蹟の働き(ルカ4:35、4:39、5:13)が含んでいます。これらの章にわたってイエスは神から与えられた権威の立証である罪を赦す権威(ルカ5:20,7:48)、私たちの思いを知っている権威(ルカ5:22)、人々を癒す権威(ルカ6:8)、人々に平安を与える権威(ルカ7:50)、嵐を静めることによって、自然の上に立つ権威(ルカ8:24)といった力を示しています。またこのセクションではイエスの教えと教訓から神による生き方の原則が説明されています。

ルカの福音の第五区分は、五つのパンと二匹の魚を五千人に食べさせたイエスの奇蹟(ルカ9:10−17)が行なわれた9章10節から始まります。使途ペテロはイエスはキリストであると告白しています(メシアとも言われている)(ルカ9−20)。9章28節から34節の中ではイエスの変貌が詳しく説明されています。第六区分は9章51節からで、イエスのユダヤでのミニストリーの概要から始まっています。イエスは彼に従う者たちに、弟子訓練を通して人に仕える方法を教えました(ルカ10:1−17);イエスは私たちに有効的に神に祈る方法も教えてくれました(ルカ11:2−4);またイエスは人を裁くことと偽善的行いに注意するように人々に警告しました(ルカ11:37−52);また生活の些細な事を心配せず、神に信頼することと(ルカ12:22−34);私たちが悔い改めなければ(罪深い生活を変える)滅びに至ると厳しい警告を与えました(ルカ13:1−5)。第七区分は13章22節から19章の22節までで、イエスの沢山の教えと奇跡の記録です。イエスはどのように生きるかについて、もっぱら例えを用いて教えました。さてルカの福音書、八番目にあたる最後の区分では、イエス・キリストの試練と庶嚔ヒ刑と復活について詳細に説明されています。イエスはここで再び、御自分の周りのことをすべて知っていることで、御自分の権威を示されています(ルカ19:30)。イエスは人生をどのように生きるかについてと(ルカ21:19−34)どのように神に信頼するかについて最終的に多くの指導をしています(ルカ22:40、46)。主は再度、神の御子としての権威を確認されています(ルカ22:70)。最後に、24章ではイエスの復活と天に昇られたことが詳細に説明されています。

ルカの福音書:何が重要なのでしょうか?
ルカの福音書から沢山の重要な事実とイエス・キリストについての意義ある教えを見る事ができます。先ず、イエス・キリストは旧約聖書を通して預言されている救い主メシアであると明確にしていることです。第二に、イエス御自身が主張するように彼は神の子であることが証明されています。第三に、イエスはこの世の全ての上に権威があり、そしてこれ等の事が含まれます。悪に打ち勝った(ルカ4:12、35、9:38,11:14)、自然を支配した(ルカ8:22−25、9:12−17、5:4−11)、イエスは死に打ち勝った(ルカ8:41−42、7:48)、人を癒す力と(ルカ5:12−13,7:1−10、5:18−25、6:6−10、18:35−43)、人の罪を赦す力と(ルカ5:24、7:48)、人を祝福できる力と(ルカ6:20−22)、そして天国での永遠の命を人々に分け与える権威と(ルカ23:43)を含んでいます。イエスはローマの庶嚔ヒ刑の後、死に打ち勝って復活する奇蹟を行ないました。ルカの福音書はキリストの人生の出来事に直接関わった重要な人々である使徒たちと目撃者たちの情報提供から書かれています。この福音は歴史的にも、地理的にも、そして考古学的にも調査され完全として2000年の間現在しています。もちろん、ルカの福音書のあらすじは、実際の本文の重要事項を提供するだけで、本文に取って代わることはできません。希望を持ってルカの福音書を読みイエスとイエスがあなたの人生に働いてくださる奇蹟をあなたも学んで見ましょう!

もっと成長しましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


イエスとは誰ですか?

キリストの立場
ルカの福音書
イエスの奇蹟
マルコの福音書
イエスは神
マタイの福音書
セント・トマスの福音
ヨハネの福音書
驚くべき奇蹟

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add ルカの福音書 to My Google!
Add ルカの福音書 to My Yahoo!
XML Feed: ルカの福音書
救い主であり王である 家 | 支える | FAQ | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutJesusChrist.org, 著作権所有.