Clicky

キリストの復活

キリストの復活

 - 劇的な証言
クスコ゚ーフテヨ: 救い主であり王である >> キリストの復活

イエスの復活‐キリスト信仰の本質的要素となるもの
キリストが死から復活したことは、キリストが庶嚔ヒにかかって死んだと同じように、キリスト信仰の本質的要素となります。コリント人に書いたパウロの最初の手紙から“私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと。また葬られたこと、また聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと。”(第一コリント15:3−4)。パウロは説明のなかで、その重要性を強調して“そして、キリストが復活されなかったら、私たちの宣教は実質のないものとなり、あなたがたの信仰も実質のないものとなるのです。それどころか、私たちは神について偽証をした者ということになります。なぜなら、もしもかりに、死者の復活がないとしたら、神はキリストをよみがえらせなかったはずですが、私たちは神がキリストをよみがえらせた、と言って神に逆らう証言をしたからです。”(第一コリント15:14−15)。

イエスの復活‐歴史的出来事?
それでは、イエスの復活は歴史的出来事と言えるでしょうか?聖書の四福音書の中でも古代の文献でも復活を認めています。もし彼らが認めているようにその出来事が歴史的文献であるならば、彼らはありのままの歴史的出来事の目撃者です。アリストテレスの言によると、キリストの復活に関しては正しい歴史的文献の基準が兼ね備わっている、と言っています。しかし、彼らがその超自然的出来事を説明しても、世俗的社会ではその証言は有効性がありません。ではどうしたらそれらの情報が有効となるのでしょうか?それには、二つの質問をしなければなりません。第一に、これらの著者による文筆は信頼できるものであるか、または彼らの生き方の模範からその証言に信頼を置くことはできるか? 第二に、歴史関係当局からの裏付けられた情報は認められたものであるか?

イエスの復活‐弟子たちの証言
死からよみがえったイエスを信じた人々、キリストの弟子として今日知られている彼らは、もちろん証言があると同時に確信もあったので、信じていない者達から迫害を受けました。ヨハネ以外の全員(11人の使途)は殺されたのです。これらの死には苦痛が伴い容赦がありませんでした。彼らの生涯は、彼らが確信し愛している福音を広めることでなおさら世俗社会から迫害され、大きな困難と苦しみを受けました。パウロはコリント人への第二の手紙で、“ユダヤ人から三暑繧フむちを受けたことが五度、むちで打たれたことが三度、石で打たれたことが一度、難船したことが三度あり、一昼夜、海上を漂ったこともあります。幾度も旅をし、川の難、盗賊の難、同国民から受ける難、異邦人から受ける難、都市の難、荒野の難、海上の難、にせ兄弟の難に会い、労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢え渇き、しばしば食べ物もなく、寒さに凍え、裸でいたこともありました。”(第二コリント11:24−27)。パウロはその後ローマの地下牢で長い間苦しみを受け、首をはねられました。彼はローマの市民権があったので、それでも同胞の死に比べると残忍性の少ない死と言ってよいでしょう。これらの人々は主が苦しみに会うことを許されたと信じていました。単にキリストの復活を否定すれば、彼らは拷問と屈辱から脱出できるす術があったはずです、クリスチャンに譲歩させることが、苦しみを与える者たちの目的だったのです。しかしながら、だれ一人迫害者に譲歩するものはいませんでした。それ故、これらの理由を考慮したとき、全ての陰謀説に反論する劇的な証拠と言いきることができます。

キリストの復活 ・レ。シ・ク 2


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


イエスとは誰ですか?

復活
イエスの奇蹟
復活のキリスト
イエスの十\字架刑
キリストの再臨
イエスの祈り
奇蹟の癒し
キリストの復活
聖誕

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add キリストの復活 to My Google!
Add キリストの復活 to My Yahoo!
XML Feed: キリストの復活
救い主であり王である 家 | 支える | FAQ | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutJesusChrist.org, 著作権所有.