Clicky

イエスは神

イエスは神

 - 聖書的立証
クスコ゚ーフテヨ: 救い主であり王である >> イエスは神

イエスは神‐イエスの神性について聖書はなんと言っていますか?
最も信頼できる最古の歴史の源泉である聖書は、本当にイエスは神と言っているのですか?イエスとイエスの実像についてなんと言っているのですか?

一貫性のある答えを、聖書にある数多くの節から直接そのページを抜き出して質問に答えてみます。キリストの生まれる700年前にさかのぼる、旧約聖書のイザヤ書からはじめます。

キリストは神‐預言

  • 神聖なメシア(救い主)については旧約聖書で予告されている。 イザヤ7:14:“ それゆえ、主みずから、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名を「インマヌエル」となずける。”

    “インマヌエル”本当の意味:“神は私たちとともにおられる。”マタイ1:23;イエスは“神は私たちとともにおられる。”

  • いと高きものによって、このメシアは人の子として生まれます。 イザヤ9:6“ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。”

    これは基本的唯心論のユダヤ人預言者によって預言された‐特に人間を“力ある神”;と呼び、神は何世紀後にキリストにそれを成就しました。

  • 200年後、しかしイエスがこの地上に現れる500年前、メシアの神性について予告されました。 ダニエル7:13−14:“見よ、人の子のような方が天の雲に乗ってこられ、年を経た方のもとに進み、その前に導かれた。この方に、主権と光栄と国が与えられ、庶民、諸国、諸国語の者たちがことごとく、かれに仕えることになった。

    人の子とはイエスがご自分に用いる第一義語です‐この節は神性を明確に、また強固に主張しています。最初の福音書のマルコのなかで、かれは間違いのない語句で、“天の雲にのってくる”とご自分に当てはめて言っています。(マルコ14:62)。かれの言葉を聞いていた人々はそれを知っても、信じずに拒絶し、却って理由を加えてかれを殺そうとしました。

イエスは神‐彼の地上でのミニストリー

  • 博士たちは幼子イエスを礼拝した マタイ2:11:そしてその家に入って、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。”

    イエス降誕の地に導かれると同時に、博士たちは神であるイエス、すなわち、神であるイエスの神性を知っていました。 

  • イエスはかれの弟子たちがご自分を礼拝するのを認めていました マタイ14:32−33:“そして、ふたりが船に乗り移ると、風がやんだ。そこで、船の中にいた者たちは、イエスを拝んで、「たしかにあなたは神の子です」と言った.”

    ユダヤ人の文化では唯一の神のみを礼拝します;彼らはイエスの神性を認めています。イエスもそのことについて調整してはいません、“わたしは死ぬために預言されたのを知らないのですか?わたしを礼拝するのは止めなさい!”と言う変わりに、かれはご自分が礼拝されることと、肉体となられた神であることを知っていました。

  • ご自分について主張するイエス ヨハネ8:58−59:“「まことに、まことに、あなたがたに告げます。アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのです。」すると彼らは石を取ってイエスに投げつけようとした。しかし、イエスは身を隠して、宮から出て行かれた。”

    これは二度にわたるイエスの力強い主張です:最初に、かれが人間として生まれ人としても(神であるゆえに)アブラハムの前からいた;第二に、彼の主張は“私はいる”‐それはエホバの神出エジプト3:14の主張と同一です。聞いていた人々はかれの主張を知っていて、かれを石打の刑で殺そうとしました。

  • 神性を主張したイエス “わたしと父は一つです。ユダヤ人たちは、イエスを石打にしようとして、また石を取り上げた。イエスは彼らに答えられた「わたしは父から出た多くのよいわざを、あなたがたに示しました。そのうちのどのわざのために、わたしを石打にしようとするのですか。」ユダヤ人はイエスに答えた。「よいわざのためにあなたを石打にするのではありません。冒涜のためです。あなたは人間でありながら、自分を神とするからです。」”

    この箇所はとても明確です:高い教育のある聴衆はイエスがご自分の神性を主張していることをしっていました。彼らに提供された応答はただ二つ:前にも博士や弟子たちがしたように、遜って、彼の前にひれ伏すか、かれの主張を拒絶して、冒涜する者として非難するかのどちらかです。悲しいことに、彼らは後のほうを選びました。しかしイエスは彼らの告発に対し議論はしませんでした。なぜなら、イエスの神性は、イエスご自身が認識していたからです。かれが主張したように、イエスは本当に神です!

  • 復活を見た弟子トマスの反応 ヨハネ20:27−29:“それからトマスに言われた「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じるものになりなさい。」トマスは答えてイエスに言った、「私の主、私の神。」イエスは彼らに言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」”

    弟子たちは、イエスの復活によりイエスが本当は誰であるか‐かれが誰であるかを宣言し、遜って礼拝しました:“私の主、私の神!”イエスはこの告白を受け入れただけでなく、弟子たちを祝福しました。今日も、私たちが弟子たちと同じように自覚して、遜りくだってかれを礼拝するなら、同じようにイエスが祝福してくれます。

(Mark Mittelbergの賛辞)


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


イエスとは誰ですか?

ルカの福音書
イエスは神ですか?
イエス・キリストとは誰ですか?
キリストの立場
キリストの復活
イエスは神
歴史に基づくイエス
イエスに関しての証拠

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add イエスは神 to My Google!
Add イエスは神 to My Yahoo!
XML Feed: イエスは神
救い主であり王である 家 | 支える | FAQ | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutJesusChrist.org, 著作権所有.