Clicky

大宣教命令

大宣教命令

 - 偉大な冒険
クスコ゚ーフテヨ: 救い主であり王である >> 大宣教命令

大宣教命令‐個人的な指令
大宣教命令は、聖書の中でもっとも意義ある箇所の一つです。第一に、これはイエスが個人的に弟子たちに与えた、最後の記録された指示です。第二に、これはこの地上にいる間にこのように行ないなさいという、イエス・キリストに従うすべての人々に対する特別な召命です。大宣教命令はマタイの福音書の中にあります。

イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。“わたしは天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊、御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らに教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。”アーメン(マタイ28:18−20)

大宣教命令‐クリスチャンにとっての意義
大宣教命令は、すべてのクリスチャンにとって福音書の終わりであり、行動による信仰のはじまりです。18節で書かれているように、クリスチャンがイエス・キリストにあって深遠な信仰を持つための、個人的な指示であることが、このイエスからの命令の意義深いところです。“わたしは天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。”これは、クリスチャンの生活の中のイエスの力と、彼らのイエスへの献身を確認しつつ、イエス・キリストを信じる信仰を要求する大変に力強い声明です。この節は、キリストの全狽フ力、つまり、キリストの神性をはっきりと主張しています。もし、クリスチャンがこの声明を信じないのなら、完全な信仰は存在しません。イエスは、この世界での権威について、非常にはっきりしています‐‐その権威は、時のはじめから、欠けたところのない完全なものです。(ヨハネ1:1−3)。

19節で、イエスは、彼らの信仰が確かなものになった後従うように、信者に特定の指示を与えておられます。“それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、”イエスは、すべて彼に従う者たちが行動し、救いの良き知らせを世界中に分かち合うようにとめしておられます。人々は、この召しを聞き、毎年世界中に宣教旅行に出かけ、イエス・キリストの言葉を広めます。多くのクリスチャンが大きな犠牲を払って文化的な町々を越えた、世界の果てのジャングルや砂漠に旅をしました。宣教地は、私たちのごく身近にもあり得ます。良き知らせを聞いたことのない隣人、また、そこの道の先の、聖書を買うことができない人たちがすんでいる貧しい地域も、宣教地です。21世紀には、他の人に届き、キリストの愛を分かち合うことができる、インターネットが宣教地になりました。福音を聞くべき人々は、いたるところにいるのです。

19節のもう一つの大切な局面は、キリストが彼に従う人々に三位一体の教理を明確に教えておられりことです。神格の三つそれぞれが、同等でそして完全に神であり、ここでは、論理的に父、子、聖霊の順に示されています‐‐それでいて、神ははじめから唯一のお方です(ローマ1:20参照)。

最後に、20節にイエスは彼に従う者たちに“またわたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らに教えなさい。見よ、わたしは世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。”と確認とともに特別な指示をあたえておられます。クリスチャンは、他の人にイエス・キリストについて、またかれの真理の全部を教えるようにと指示されています。私たちは、キリストのある部分を否定して、キリストを救い主であると告白することはできません。私たちがキリストの真理を教えるとき、信仰によって確信を持つことができます。また20節では、イエス・キリストが私たちをサポートしてくださると約束しています。この事実は、何世紀にもわたって何百万人の信者が、受け入れ、そしてイエス・キリストの良き知らせを分かち合ってきたことから信頼できる事実であると証明されています。確かに、キリストは天に帰られましたが、聖霊の力によって信者ひとりひとりと共にいてくださるのです!

大宣教命令‐個人的な召し
大宣教命令の中で、イエスはひとりひとりのクリスチャンが信仰によって一歩を踏み出し、良き知らせを広めるようにと召しておられます。これこそ行動する信仰です!この命令に従う人々は、彼らの霊的な生活を永遠に変えるのです!それは、隣人に良き知らせを伝えることかも知れないし、他の国に移り住んでこの人々に手を伸ばすことかも知れません。その道の向こうに住んでいるかわいそうな子供たちにわかち合うことかもしれないし、2時間離れた町でみことばを広めることかも知れません。どこに行ったとしても、誠実なクリスチャンは福音をわかち合うことに服従せずにはいられません。もしあなたがイエス・キリストを信じているなら、イエスはあなたがどこに行くようにと召されましたか?救いの賜をわかち合うように、神はあなたの心に誰を置かれましたか?キリストがあなたのそばにいてくださると言う知識を持って、“あらゆる国の人々を弟子とする”ために、どのような小さな、あるいは大きな一歩をあなたは踏み出す事ができますか?

もっと成長しましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


福音伝道

大宣教命令

礼拝
親交
弟子訓練
奉仕の働き
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add 大宣教命令 to My Google!
Add 大宣教命令 to My Yahoo!
XML Feed: 大宣教命令
救い主であり王である 家 | 支える | FAQ | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutJesusChrist.org, 著作権所有.