Clicky

キリストの受難

キリストの受難

 - 私たちへの神の愛
クスコ゚ーフテヨ: 救い主であり王である >> キリストの受難

キリストの受難‐メル・ギブソンの迫力ある映画
キリストの受難と真理が明らかにされました!なぜキリストは十字架で死ぬ必要があったのでしょうか?

キリストの受難は、約2000年前のキリストの生涯の最後の12時間を描いた映画です。映画は弟子たちと最後の晩餐の後にイエスが祈りに行かれたゲッセマネの園から始まります。イエスは、イスカリオテのユダの裏切りにあって、もうすぐ園で捉えられ、パリサイ人のリーダーたちが、神を冒涜したかどでイエスに対決するためにエルサレムに連れ戻られます。イエスは宗教家リーダーたちによって、死刑の判決を受けます。

その後、イエス・キリストはローマからのパレスチナ総督だったピラトの前に連れ出されます。ピラトがイエスを十字架につけるか釈放するかの実際の権力を持っていたのです。このとき、ピラトの政治生命は危機にさらされていたので、彼はこれ以上の面倒を起こしたくはありませんでした。宗教家のリーダーたちにキリストを十字架にかけることを禁じれば、かなりの面倒を起こす可能性がありました。ピラトはヘロデ王にその決定を任せました。しかしながら、ヘロデ王はイエスをピラトに戻し、ピラトはイエスを釈放するか、犯罪者のバラバを釈放するかの選択を群衆に与えたのでした。

キリストの受難‐驚くべき歴史の一片
イエスは、ローマ兵に引き渡されひどく痛めつけらて、またキリストの受難は続きます。そののちイエスはピラトのもとに返され、ピラトはもうこれで十分だろうとかれを群集の前に連れて来ますが、群集は満足しませんでした。ピラトは板ばさみになって、手を洗い、部下にイエスを群集の言うとおりにするよう命じます。

イエスはかれの受けるべき十字架を示され、ゴルゴダの丘までエルサレムの街道を抜けてその十字架を運ぶようにと命令されます。イエスはそこで十字架に釘付けにされ、この世の罪の身代わりとなられた為、天の父は彼から顔をそむけられ、何時間もの拷問のあと、イエスは“全てが完了した”また“父よ我が霊をみ手に委ねます”と大声で叫ばれた。

イエスの死の瞬間、大きな地震が起こり、厚い神殿の垂れ幕が上から下へと裂け、地は3時間ほど暗闇に包まれます。

3日の後、イエス・キリストは死からよみがえり、罪と死に打ち勝って、人類が父なる神と和解する唯一の道を提供しました。

キリストの受難‐なぜキリストは十字架で死ななければならなかったのでしょう?
キリストの受難は素晴らしく力強いものです。しかし、なぜこのような死に方をしなければならなかったのでしょう?人類への神からの言葉である‐聖書‐は、全ての人は神の命令に背いて罪を犯したと言います。(例えば、嘘、盗み、他の人の物を欲しがる、結婚外でのセックスなど)たった一つの神に逆らう罪でも、私たちを永遠に神から切り離すには十分なのです。聖書は、ローマ書3:23で、“すべての人は、罪を犯したので、神から栄光を受ける事ができず”と言っています。

神は人類を完全に罪から贖い出すには、一つの方法しかないことを御存知でした。その方法とは、御自分の御子、イエス・キリストがこの地上で罪のない生涯を送り、人類の罪のためにたった一度の贖いの供え物として十字架で死ぬ為に地上に来られることでした。

キリストの受難‐究極の愛の物語
キリストの受難とは、本当は愛の物語なのです。あなたや私たちのためのキリストの愛です。キリストは、すべての屈辱と恐ろしい痛みと苦痛と、そして何にも増して、すべての人類の‐過去、現在、そして未来を‐御自身が担って、自ら十字架に向われました。イエスは、私やあなたの罪を負われたとき、御自分の父である神から切り離されることも進んで受け入れました。イエスは私たちを愛していて、天国で御自分と永遠を過ごすことを熱望しています。しかしながら、もし私たちのために彼の払われた犠牲を受け入れないで拒絶するなら、天国でイエスと永遠をともに過ごすことが不可能です。イエス・キリストを主と信じて私たちの心に受け入れることを拒むなら、私たちは、今まで神に敵対して犯したすべての罪の責任を自分自身に負うことになります。下のリンクに行って、救われるとはどういうことか、その意味を見つけ出してみましょう!

どうやって救われることができるのですか?


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


福音伝道

天国へ行く
キリストの受難
ローマ街道
救いの確信
救いの祈り
クリスチャンになる
救いの計画
ローマ街道
クリスチャンになる為には

礼拝
親交
弟子訓練
奉仕の働き
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add キリストの受難 to My Google!
Add キリストの受難 to My Yahoo!
XML Feed: キリストの受難
救い主であり王である 家 | 支える | FAQ | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutJesusChrist.org, 著作権所有.