Clicky

神の子羊

神の子羊

 - 私たちの神を愛す
クスコ゚ーフテヨ: 救い主であり王である >> 神の子羊

神の子羊‐メシア(救い主)
新約聖書全巻を通してメシアは“神の子羊”と呼ばれています。聖書的慣用語になじんでいない人々にとって、これは特異に聞こえるかも知れません、しかし聖書を知っている人々にとっては、愛する救い主、イエス・キリストとして慈しまれています。

神の子羊‐聖書的根源
預言的描写で阜サされた到来の神の子羊については旧約聖書全巻を通していたる所で参照できます。確かに、多くの神学者たちは聖書全巻(約1600年を通して40人の著者からなる66巻)にあるイエス・キリストについての話を信じています。詳細の全て、年代の全て、数えられた全てについて、全てのページ、詳細に説明された私たちの救い主である主について。聖書の創世記に、神の子羊の到来について良く知られた預言を見ることができます。創世記22章、神はアブラハムに愛する息子イサクを犠牲にせよと命令しました。神は人が子どもを犠牲にすることを承認してはいません−神は人類のために御子イエスの犠牲を嵐mしていたのです。アブラハムは神に忠実で、自分の息子までも、自分自身の所有とすることはありませんでした。これはアブラハムに与えられた神からの試みであるとともに、世界の人々への証しです。犠牲をささげる祭壇に行く道すがら、イサクは父に聞きました、“火と薪はありますが、全焼の生けにえのための羊は、どこにあるのですか?”アブラハムは絡垂オて答え、“イサクよ、神御自身が全焼の生けにえとなる羊を備えてくださるのだ:こうして二人は一緒に歩き続けた”(創世記22:7−8)。

犠牲をささげる場所につくと、アブラハムはイサクを主にささげる準備をしはじめた、しかしアブラハムがイサクに話しかける前に、神はそれを止めさせました。次を読んでみましょう“アブラハムは手を伸ばし、刀を取って自分の子をほふろうとした。そのとき、主の使いが天から彼を呼び「アブラハム。アブラム。」と仰せられた。彼は答えた「はい。ここにおります。」御使いは仰せられた。「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今わたしはあなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」”(創世記22:10−12)。イサクをほふろうとした山の頂上から帰途に着く前、アブラハムは再び神の子羊の到来を絡垂オて、“そしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエとなづけた。今日でも、「主の山の上には備えがある」と言い伝えられている”(創世記22:14)。それから約2000年後、エルサレム郊外のその同じ山の上で、堕落した人類に、聖なる生ける全狽フ神と和解するための犠牲として、神は、神の子羊である御自分のひとり子をささげました。

神の子羊‐過ぎ越しの子羊
神の子羊については出エジプト記12章と13章でユダヤ人の過ぎ越しの祭りの中に劇的に阜サされています。これはことによると、神の子羊、メシアの到来について最も説得力のある指示となるでしょう。過ぎ越しの祭りは毎年ユダヤ民族のニサンの月の14日にとりおこなわれます。これは主の“過ぎ越し”であり子羊の犠牲の血を彼らの家の入り口の鴨居にふりかけ血で覆い、死の御使いが、子羊の血のふりかけられていない家を訪れたことを記憶するために、その日に子羊を食べる祭りです。死の御使とは最終的に送られたプレイグであり、奴隷として束縛されている神に属する人々を、エジプトの地から解放するために送られた疫病です。おおよそ1500年後、ニサンの月の14日目、過ぎ越しの神の子羊、イエス・キリストは人類の罪のために木の庶嚔ヒの上で自ら犠牲になりました。再び主が来られるとき、神に敵対したこの世の罪が報酬を受ける間、キリストを受け入れて子羊の血で覆われた人々は守られます。

神の子羊‐“だれがこの世の罪を取り除くのか!”
“見よ、世の罪を取り除く神の子羊!”これはバプテスマのヨハネがヨハネ1:29の中で言われている、最初にイエスを見たときの告白です。バプテスマのヨハネは“荒野に呼ばわる者の声がする。‘主の道を整えよ’”(イザヤ40:3;マタイ3:3)と叫び。彼は世に警告を与え“悔い改めなさい。天の御国が近づいたから”(マタイ3:2)。使徒たちは“こうして藷lが出て行き、悔い改めを説き広め...”(マルコ6:12)、そしてイエスは宣言して、“そうではない。わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます”(ルカ13:3,5)。“そういうわけですから、あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい”(使途の働き3:19)。全狽フ神はこの証しを堕落した私たちの住むこの地上に提供して;“そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、”(へブル9:27)。ですから、あなたの罪を悔い改めて主である神を受け入れましょう“神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである”(ヨハネ3:16)。

もっと発見しましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


弟子訓練

ギャップ理論
神の子羊
最後の晩餐
イエスは全てを支払われた
創世記
ヨハネの福音書
罪って何ですか
地獄は本当に存在するのか

礼拝
親交
奉仕の働き
福音伝道
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add 神の子羊 to My Google!
Add 神の子羊 to My Yahoo!
XML Feed: 神の子羊
救い主であり王である 家 | 支える | FAQ | 検索
著作権 © 2002 - 2016 AllAboutJesusChrist.org, 著作権所有.